インフラエンジニアに関する知っておくべきこと

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアはネットワークやサーバ等を含む企業の情報システムの構成要素を一元に管理する立場として、各要素の設計・導入・運用・保守・更新等を専門にするエンジニアを言います。また特に大規模な情報ネットワークになるとトータルに見積もってかなり広範囲に及ぶことになりますが、サーバ周りのインフラエンジニアとして障害対応やユーザサポートまでを担当するケースや、ネットワーク資源を監視してそれぞれの担当者と連携する立場だったり、インフラエンジニアにはその属する環境によって様々に分類が存在します。 コストセンターなどとも呼ばれますが、常にトラブルは起こらないほうがいい、という意味ではプログラマーやSE等の職種とはかなり異なってくるといえるでしょう。もちろんインフラエンジニアとしてシステムの設計やセキュリティ設計を手掛けるケースもありますが、高度なツール群がどんどん増え、ユーザ系の企業ではベンダーに一任する例も多くなっています。 またインフラ系は需要過多であるとも言われ、最近はプログラマーやSE、データベースエンジニア等からの転身者も多くなっているようです。インフラ系の基本スキルとしてはOSやミドルウエア等のインストール、ネットワークの基本的知識、基本的な保守系コマンドの理解等があります。またオープン系ソフトウエアのインストールやセットアップ、サーバの設定ファイルはどこにあるか、といったより具体的なスキル・経験を重要視する企業担当者も多いようです。

インフラエンジニアの案件例